学生会館セレクト

学生会館の選び方

資料の請求

学生会館への問い合わせ

学生会館では毎年入館生募集用のカタログや案内書を製作しています。また学生会館独自のホームページを運営して入館生の募集を行っているところも多く、写真や動画で様子を確かめることもできます。
またそうした公式ホームページには学生会館に実際に住んでいる先輩のコメントや入居条件なども詳しく説明されています。電話やメールで資料請求や問い合わせをしてみましょう。

学生会館への問い合わせ

学生会館は、管理人さんやオーナーさんが受付窓口となるので、電話での問い合わせは少し勇気が要りそうですが、毎日接している入居者の日々の生活や会館設備など紙面や画面では伝わらないことも詳しく説明してくれるはずです。管理人さんとのお話だけで建物を見学せずに申し込まれる親御さんも多くおられます。

複数の学生会館に資料を請求すること

室料などの費用面はもちろんのこと、通学時間や定期代、室内設備、食事の提供の有無など学生会館によって様々な特徴があります。学生生活のベースキャンプであり長く住み続ける住まいですので資料は多くの学生会館より取り寄せて自分に一番あった学生会館を選びましょう!

不動産会社を利用する

首都圏で学生会館を紹介している不動産会社はあまり多くありません。学校が近くになかったり、社会人やファミリー向けの物件を多く扱う不動産会社のスタッフには「学生会館」という名前すら知らない人も多くいます。学生会館を紹介している不動産会社では、各学生会館を客観的に比較して希望にあった物件を紹介してくれます。人気のある学生会館の情報や学生マンションや一般アパート・マンションなどの他の住まいの種類との比較や紹介もしてくれます。

不動産会社を利用する

仲介手数料はかかりません

学生会館への入居者が決定した場合、不動産会社はオーナーより報酬を受け取ります。学生会館へ自分で問い合わせしても不動産会社を経由しても契約時にかかる金額は変わりません。

体験入館をしてみる

一部の学生会館では、オープンキャンパスや入試日に体験宿泊のできます。そうした学生会館は、寮を持たない学校の提携寮に指定されているところもあり、一人暮らし体験と上京時の宿泊サポートとしてその時期学校に協力しています。体験入館では1泊5,000円前後で宿泊ができ、食事も食べられます。ホテルや旅館に宿泊するより金額も安く、中には学校側が宿泊費用を一部補助してくれることもあります。ただし契約期間途中でなんらかの理由により空室となった部屋を体験宿泊用として貸し出すため、あまり部屋数は多くありません。希望の際は、志望している学校へのたずねてみてください。体験入館後に、その学生会館への入居してくれた人には契約金割引などの入居者サービスがあるようです。

参考

先輩の学生会館の探し方イロイロ・場所編
  • 学校に使い
  • 駅に近い、乗換えがない
  • 友達が近くに住んでいる、または友達と一緒
  • 2年後のキャンパス移動を考えて、両方のキャンパスに通学できる
  • カリキュラムを考えて(ex体育の授業が週1回郊外のグランドである)
  • アルバイトのできる大きな街にも通える
  • 部活やサークルの活動場所(グランドなど)に近い
  • 実家と学校の中間の沿線

その他 定期代が安い、治安がいい、人気の駅、高級住宅街、03地域(東京都内の市内局番エリア)などなど

学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 学生寮ガイド 下宿ガイド

食事付学生会館特集